埼玉県内で介護のお仕事をお探しなら 埼玉介護求人ねっと

働く先を選ぶポイント

【慢性的な人手不足の介護業界】

【慢性的な人手不足の介護業界】

常に人不足が問題視されている介護業界ですが、だからこそ職員の待遇をよくして、いい
人材を確保したいという施設が増えてきました。

そこで気になるのが介護業界の将来性です。

 

【介護業界の将来性はある❢❢】
高齢化社会に拍車がかかっているのを見ても分かるように、これから介護業界はどんどん発展していくことが予想されます。将来性があるかどうか、これは「ある」と答えるのが正解ではないでしょうか。
介護業界は常に人不足が悩みの種になっています。

介護という仕事が厳しいということだけでなく、給料の面でも仕事量に見合った給料がもらえないということも要因のひとつとなっていますが、今は昔ほど就職難ではない時代なので条件のいい職場は見つけやすいと言えるでしょう。

特に資格があれば優遇される職種なので、可能であれば資格を持ってから就職活動に入るといいかもしれません。
施設側で必要としている職種はケアマネージャー、看護師、相談員、そのほか事務仕事なども必要になります。

求人情報の中には資格がなくても問題ないという施設もありますが、資格があればほかの人よりも優遇される可能性も出てきます。給与に関して資格手当があるかどうかも確認しておくといいでしょう。
一度介護職を離れて再就職する場合、経験があるということで資格がなくても優遇されることもあります。

履歴書に過去の経歴をしっかり明記しておくこともおすすめします。

 

 

 

 

 

【介護士に対する待遇をよくする企業が増えてくる】
今の時代はインターネットもあるので、介護施設の評判は一瞬にして広まります。

施設を利用する側はとてもシビアで、今の施設に不満があればすぐに他の施設に移動することも考えますから、施設の対応が悪ければ入居者が減り、利用者がいなくなり運営が出来なくなります。

施設の対応が悪くなる要因のひとつに職員に払う給料が安いことがあげられます。

介護の仕事は力仕事ですし、入居者に対する気遣いも必要です。

思っている以上に肉体的にも精神的にも大変な仕事でありながら給料が低ければ働く意欲も低下します。

おのずと入居者たちの評判が悪くなり他の施設に移りたいという声がちらほら出てくるのも頷けます。
あくまでも一般的な相場ですが、施設で働く職員たちの給与を平均的なサラリーマンの年収ぐらいまで引き上げる施設も増えてきました。

待遇がよくなれば職員の働く意欲がわいてきて、入居者に対する印象もよくなり、その評判がどんどん広まり、結果的に入居者が増えてしっかり運営できるという一連の流れを理解している施設が増えてきました。
入居者が減ったり施設の悪い評判は自分たちが生んでしまった悪循環であることに気づき始めた施設が増えてきたということです。

 

 

転職活動のご相談・ご質問などお気軽にお問い合わせください!
転職サポート承ってます!