埼玉県内で介護のお仕事をお探しなら 埼玉介護求人ねっと

お役立ち情報

【生活相談員として介護現場で働く場合】

【生活相談員として介護現場で働く場合】

介護施設で生活相談員として働きたい方にお役立ち情報をご紹介します。

新しい職場で新しい仕事に携わるときは誰もが不安を抱えているものです。

そんなときに役立つマメ知識です。

 

 

 

【生活相談員になるために :-)】 
国と、各都道府県がそれぞれ定めた条件があります。

国は「社会福祉主事任用資格者」「精神保健福祉士」「社会福祉士」この三つのいずれかを持っていることを条件と定めています。

各都道府県では、これら三つの資格を持っていない場合でも生活相談員になることもできます。

各都道府県では条件にいろいろ違いがありますが、介護施設で一定期間働いていること、そのほか介護福祉士資格所持、介護支援専門員などの実務経験がある方を対象にしていることが多い傾向があります。

詳細は各自治体に問い合わせることで丁寧に教えてもらえるので問い合わせてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

【生活相談員の仕事について】
生活相談員の仕事はとても幅広いことで知られています。

介護サービスにおける仕事として、施設の利用者や患者さんたちの話を聞く相談窓口になることが主な仕事です。

施設だけでなく行政やケアマネージャーたちと確認しながら、利用者がよりよい介護を受けられるように努めていきます。
例えば利用者だけでなく、利用者の家族と話し合うこともありますし、利用者の施設の入所、退所の手続きなども業務の一環です。そのほか施設で行われるレクリエーションを計画したり、それらの行事をケアマネージャーと話し合いながら計画作成の際にアドバイス
することも仕事のひとつになります。幅広い業種をこなすので慣れるまで大変ですが、非常にやりがいがあり毎日新鮮な気持ちで働けるという声が多いのが特徴的です。

 

 

 

 

 

●○●○●○ 職場ごとに仕事内容を紹介 ●○●○●○
○デイサービス
介護スタッフやケアマネージャーに対して、利用者から聞いたニーズを伝えるのが仕事になります。

そのほか利用者がサービス利用する際の事務手続きも仕事のひとつです。
○介護施設
有料老人ホームや特別養護老人ホームなどの一般的な介護施設を利用する際の入所手続き、退所するときの手続きや、利用者が何に困っているか、何をしてもらいたいのかなどの相談を聞くのも仕事のひとつです。
○ショートステイ
施設を利用する方の事務的手続きを行うほか、利用者がいつ利用するかスケジュールを調整したり、その利用者が施設のどの部屋を利用するかなどの調整も行います。
細かな仕事はいろいろありますが、一番重要なのは利用者と施設職員の間に立って窓口になることです。話し上手なのも大事ですが、聞き上手な姿勢が利用者や利用者の家族を安心させるので、普段から人の話を聞くのが好き、人と話をするのが好きという方が多く働いている業種のひとつです。

 

転職活動のご相談・ご質問などお気軽にお問い合わせください!
転職サポート承ってます!