埼玉県内で介護のお仕事をお探しなら 埼玉介護求人ねっと

お役立ち情報

処遇改善加算の仕組みについて

処遇改善加算の仕組みについて

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□□■□■□■□■□

介護職だけに言えることではありませんが、少しでも給料の良いところで

働きたいと誰もが思うものです。介護職は厳しいと言われているものの、

このままでは人手不足も深刻です。そこで国がやっと重い腰を上げました。

介護職員処遇改善加算という制度を導入したのです。

・何を目的に作られた制度のか
介護職に携わる人たちのキャリアアップのための仕組みを作るだけでなく、介護関係の事業所が職場環境の改善を積極的に行った場合、介護職についている人たちの給料をあげるために必要なお金を支給するという制度です。高齢化社会が問題になっていながら介護職に就く人が少なかったり、介護職の給料が少ないことも問題になっていました。これを改善するためにただ給料をアップするだけでなく、働く人がやりがいを見つけるためのキャリアアップも促進するという制度として注目されています。

・給与はどのような仕組みになっているのか
介護職員たちのキャリアアップの仕組み、さらには職場の環境をどのように改善していくかという計画書を各介護事業所が作成します。その計画書を各都道府県、各自治体に報告します。各自治体が報告書を基にして給料の上乗せ費用として介護報酬を追加支給します。自治体から支給されたお金は介護職員へ給料として支払われます。これが一連の流れです。

各事業所に支給されたお金は介護職員に必ず還元することが義務付けられているので、事業所が職員に支払わないのは法律違反になります。事業所は実績報告書の提出も義務付けられているので、介護職員に支払っていないのに支払ったという不正は出来ません。安心してください。

・気になる普及率
厚生労働省が発表した内容によると、全国におよそ8000ヵ所の介護事業所があります。その9割が介護職員処遇改善加算を取得していました。ほとんどの事業所で取得しているといっても残りの1割は取得していませんから、新たに勤め先を見つける場合は介護職員処遇改善加算を取得しているかどうか、こちらも事前に確認しておいたほうがよさそうです。

ちなみに職場改善の取り組みについて、「職務内容に応じた資金形態を整備する」「資格や経験に応じて昇給制度を整備する」「研修やスキルアップのための資格取得の支援を実施する」「賃金のほかにも職場改善に取り組んでいる」これら4つの項目をすべてクリアしていると支給額が一番アップします。ちなみに1項目クリアで月額13,500円相当、2項目で15,000円相当、3項目で27,000円相当、4項目で37,000円相当アップします。

 

転職活動のご相談・ご質問などお気軽にお問い合わせください!
転職サポート承ってます!